プログラミング初心者がGitを学んでおいた方がいい理由

プログラミング初心者がGitを学んでおいた方がいい理由

こんにちは、たっきー(@ryutoblog )です。今回は、プログラミング初心者はgitを学んでおいた方がいい理由について話します。

そもそもGitとは?

「Git」とは、「ソースコードのバージョンを管理するツール」の名前のことです。簡単にいうと、「自分が書いたコードの歴史を辿れるし、好きな地点に戻ることができるアプリ」みたいなものです。

主に共同開発(2人以上で開発すること)で用いられます。Gitを使うことによって、いつ誰がどこのコードを書き換えたのか?・最新のバージョンはどれか?・どこでバグが発生したか?などといったことが把握しやすくなります。

なぜGitを学ばなければいけないの?

クエスチョンマークの画像

私も、現在通っているインターンで実際にGitを日常的に使用しています。インターン面接日にGitを知らない旨を伝えると不思議そうな顔をされた事が今でも忘れられません。それ程に、エンジニア志望なら使いこなせて当たり前のツールというわけです。

Gitが広まった理由

実をいうと、バージョンを管理することができるツールはGit以外にもたくさんあります。にも関わらず、他のバージョン管理ツールを差し置いてGitが広まった理由は何か。

それは、ズバリ「分散」という点にあります。

バージョン管理システムでは、ソースコードの歴史(履歴)を「リポジトリ」というところで保管しています。リポジトリには全ての変更が記録されているため、過去の任意の地点のコードに戻る、という事が可能になっています。

従来のバージョン管理システムでは、そのリポジトリというものは全体で1つしかありませんでした。そのため、複数の開発者が同じ箇所を同時に修正すると、うまく保存されないという不都合が生じていました。

この問題点を踏まえて、Gitはリポジトリを分散するようにしました。

全体で共用の「リモートリポジトリ」と、各々が自分のローカル環境に「ローカルリポジトリ」を持てるようにしたのです。この技術により、変更箇所の重複でのぶつかり(コンフリクトと言います)がなくなりました。

それだけでなく、ネット環境が繋がっていない場所でもローカルリポジトリで開発が進められるようになり、任意のタイミングで共用のリポジトリにローカルでの変更箇所を反映させる、という事ができるようになりました。

Gitを学んだら、GitHubも学ぼう

Git Hubとは、「Gitを利用した、開発者達を支援するWebサービス」の名前のことです。言い換えると、「yahooメール・gmailは、メールをするためのWebサービスで、これのGit版がGit Hubである(Git Hubは、Gitを使うためのWebサービス)」みたいな感じですかね。

Git HubというWebサービス自体を「リモートリポジトリ」として利用する事で、開発者達はソースコードを公開したり、共有したりできるようになります。だから文字通り Hub(ハブ) という名前がついているのですね。

Git Hubを使う必要性

Git Hubは、Gitにはない機能を備えています。その中でも特に有用性があるものは、

・Pull Request (プルリクエスト)

という機能です。

これは、ある開発者のソースコードの変更点について、他の開発者にレビュー(コードの評価)を求める事ができる機能の事です。プルリクエストを行うことによって、ソースコードの品質が上がります。テストを受ける時に見直しをする事で、ケアレスミスをなくすあの感じと同じイメージです。

Gitを学ぶのにおすすめのサイト

今回は、プログラミング初心者はGitを学ぶべきという話をしました。学ぶ際は、サルでもわかるGit入門 を強くおすすめします。文字通りサルでもわかるようにわかりやす〜く解説してくれてます。

実際に私も、インターン先のメンターからこのサイトで学ぶように言われました。これを読破すれば、基本的にGitに関しての疑問は全て解決できましたね。

まとめ

繰り返しになりますが、プログラミング初心者はGitを勉強してください。一人で開発している間はいらないかもしれませんが、会社に勤めることになったら共同開発がもちろんあるわけで、誰もが必ず通る道です。どうせ通る道なら、社会に出て恥をかく前にGitマスターになってしまいましょう!!!

では今回は以上です。