【PHP7対応】PHP初心者が買うべきおすすめの本5選

【PHP7対応】PHP初心者が買うべきおすすめの本5選

こんにちは、たっきー(@ryutoblog)です。今回は、PHP初心者が買うべきおすすめの本を5冊紹介します。PHP初心者の方は、このページで紹介した本を段階をおって進めていけばPHPマスターになれます。

PHPとは?

PHP(ピー・エイチ・ピー)とは、Webサイトで最も多く使われているプログラミング言語のことです。PHPは、私たちがいつも見ているサイトのうち 約80% のサイトで使用されているくらい有名なプログラミング言語です。

プログラミングを学ぶなら、まず最初にPHPをやっておけば間違い無いです。

こんな人におすすめ

PHPを本を使って勉強したいけど、どれがいいかわからない!

今回は、この悩みを解決していきます。

PHPの本を選ぶポイント

PHPの勉強に使う本を選ぶ時は、人気の高さ・レビューの良さで選ばないことが大切です。

自分のレベルに合った難易度の本を選ぶことが重要です!そうしないと、せっかく買っても内容が理解できず、無駄にしてしまう可能性があるからです。

自分のレベルに合っているか

PHPの本を選ぶ時に、その本が自分のレベルに合っているか調べることはとても重要です。これは別にPHPに限ったことではなく、他のプログラミング言語を学ぶ時も全てに共通して言えることです。

例えば、あなたは今PHPを学びたてで、将来amazonのようなショッピングサイトを作りたいとします。その時に、最初に買う本がショッピングサイトの作り方に関する本だとすると、間違いなく理解できずに挫折します。

理由は、「そのような本は基礎知識があることを前提として作られているから」です。そのため、エラーが起きた時の対処などが細かく書かれておらず、初心者はつまずいたらすぐに挫折します。

よって、プログラミング初心者は、まず最初に

・PHPの基礎知識が学べる本
・サーバーや、Webの仕組みが学べる本

を購入することをおすすめしています!

どのバージョンのPHPで学ぶのか

PHPの本を選ぶときは、どのバージョンのPHPを学ぶかによって選ぶべき本が違います。PHPにはバージョンがたくさんあり、各バージョンごとにプログラムの作動方法が違います。

よって、買った本の対応しているPHPのバージョンと、自分がコードを書いているPHPのバージョンが違うと、プログラムがしっかり作動しない場合があるからです。

これから勉強をする場合は PHP7対応【これが現時点の最新】 の本がおすすめです。

自分が書いたコードを試しながら学習できるか

PHPの本を選ぶときは、実際にプログラムを動かしながら勉強できる本を選びましょう。本によっては、PHPのプログラムの仕組みや文法を説明するだけの物もあります。

プログラミングを学ぶ時は、「自分の手を動かして学習すること」が最も大事です。

・分からなくても自分でプログラムを書いてみる
・書いたコードがしっかり作動するか試してみる

これをすることにより、爆速で成長します。なので、

・PHPの開発環境構築の方法
・自分で書いたコードを作動させる方法

について細かく説明してくれている本をおすすめします。ちなみに、近々PHPの開発環境構築の方法について手順を書いた記事を出す予定なので、そちらを参照していただいても問題ないです。

プログラミング未経験者のためのおすすめの本

プログラミング未経験の方が学習を始める場合は、

・とにかく分かりやすい
・あらかじめつまずくポイントが書いてある
・網羅性がある
・Web技術の基礎知識が書いてある

このような本を購入することをおすすめします。とにかく最初の時期は、よくわからないエラーがたくさん出てきて混乱し挫折するケースが多いので、あらかじめつまずきそうなポイントを書いてくれている本であることが重要です。

また、

・イラストが書いてある本
・専門用語の意味が分かりやすく解説されている

このような特徴のある本も、初心者が理解しやすいのでおすすめです。

ここからは、上記の要点を踏まえたおすすめの本を紹介します。

『いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室』

『いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室』の画像

『いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室』は

・PHPのセミナー講師をしている方が著者である
・実際にプログラムを動かしながら学習できる形式
・初心者がつまずくポイントの回避方法が記されている

という特徴があります。プログラムの理屈が分からなくても、まずは自分の手で書いて、動かしてみるという学習形式なので

文系の方、プログラミング未経験者 に評判が高い本です。

『スラスラ読める PHPふりがなプログラミング』

『スラスラ読める PHPふりがなプログラミング』の画像

『スラスラ読める PHPふりがなプログラミング』は

・プログラミングの知識が全くなくても理解できるわかりやすい解説
・Webやサーバーの仕組みも同時に学べる

という特徴があり、とてもコスパのいい本です。この本は、「スラスラ読める」シリーズの初心者向け書籍です。

プログラミングの知識が 全くない 人でも理解できるように作られているので、挫折することなくスムーズに学習が進められます。コード1つ1つにふりがなが振られているので、読み方がわからなくても安心して進められます。

PHPの基礎知識を固めたい人のためにおすすめの本

これから紹介する本は

他のプログラミング言語をやったことがあるから、PHP特有の文法の基礎を固めたい

という方におすすめの本の紹介です。

『独習PHP 第3版』

『独習PHP 第3版』の画像

『独習PHP 第3版』は山田 祥寛さんが著者の本です。実際に、私はこの方が書いた『10日でおぼえるPHP入門教室 第4版』という本を使って昔勉強をしていました。この本は、出版年が古くPHPの新しいバージョンに対応していないのですが、この方の本は解説が分かりやすく、かつ独習PHPは PHP7に対応しています。 独習PHPは、

・解説
・例題
・演習問題

の3ステップに分けて書かれていて、段階を分けて学習することができます。毎章の最後に演習問題があることによって、覚えた内容の整理・確認ができるので1周で内容が定着しやすいです。

『よくわかるPHPの教科書 【PHP7対応版】』

『よくわかるPHPの教科書 【PHP7対応版】』

『よくわかるPHPの教科書 【PHP7対応版】』は、

・実際にサンプル(試作品)を作ってみることができる
・イラストを用いているので解説が分かりやすい

といった特徴のある本です。例えば、書籍内で、twitter風のひとこと掲示板を実際に作成するチャプターがあります。そこで、

・ログイン機能
・本格的な投稿機能

を作るので、現実のアプリと照らし合わせながら、成長していることを実感しやすいメリットがあります。

【中級者以上】サイト制作をしたい方におすすめの本

PHPをある程度の期間学習してきて基礎が定着した方には、アプリやWebサイトを作成するために必要な知識が書かれた本をおすすめします。

アプリやWebサイトを作るには、フレームワークを用いたり、他のプログラミング言語との組み合わせについて学ぶことが必要です。

ここでおすすめする本を網羅すれば、実際の職場・現場で即戦力レベルに到達できます。

『PHPフレームワーク Laravel入門 第2版』

『PHPフレームワーク Laravel入門』の画像

『PHPフレームワーク Laravel入門』は、PHPのフレームワークの中でも人気の高い、Laravel(ララベル)の入門書です。

フレームワークが何かわからない人でも手のつけられるレベルの本で、中級者以上向けの本の中でも比較的優しい本であると言えます。

この本、実際に私が今通っているインターンで読まされてます。要は、この本がマスターできれば、職場で活躍できるということです。現場を見てきて言っていることなので信ぴょう性は高いです。

まとめ

PHPを学習するときは、何冊もの本を同時に進めるのではなく、1冊に絞って手中的に進めていくのが一番の上達の近道です。

自分のレベルにあった本を選び、順調にステップアップしていきましょう!では今回は以上です。